レトロゲーム完全攻略サイト 阿修羅幻想館

コンテンツ

その他

サイト内検索(Google)

 

忍者じゃじゃ丸くん 攻略

名称
忍者じゃじゃ丸くん
ハード
ファミコン(FC)
発売日
2019年12月08日
販売元
ジャレコ
販売価格
4900円
JANコード
4907859101062

1ステージにつき1人ないし2人(雑魚が残っているうちにボスを倒すと残った最後の敵がボスとなります)ボスがいますが、このボスのAIをボスAI、その他の雑魚敵を雑魚AIと記載しています。

おゆき

雑魚AI

射程ギリギリのところから攻撃すれば大丈夫です。

もし、攻撃したときに、おゆきが攻撃を相殺してきた場合には、再度同じことを繰り返しましょう。

ボスAI

1番安全な方法は、おゆきが上部から下部にジャンプで移動してきたところを待ち伏せて着地場所に手裏剣を放っておくことです。

ピン坊、カクタン以外は、ほとんどこの方法で問題なく倒すことができます。

もし、同じライン上で相手をすることになった場合には、必ず、1番上のライン上では戦わないようにしましょう。

同ライン上で戦う場合には、相手を踏み潰して戦うのが基本となりますが、特攻していくと、運次第で倒すことはできますが、死亡する可能性も少なくはありません。

この場合には、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

クロベエ

雑魚AI

射程ギリギリのところから攻撃すれば大丈夫です。

もし、攻撃したときに、クロベエが攻撃を相殺してきた場合には、再度同じことを繰り返しましょう。

ボスAI

1番安全な方法は、クロベエが上部から下部にジャンプで移動してきたところを待ち伏せて着地場所に手裏剣を放っておくことです。

ピン坊、カクタン以外は、ほとんどこの方法で問題なく倒すことができます。

もし、同じライン上で相手をすることになった場合には、必ず、1番上のライン上では戦わないようにしましょう。

同ライン上で戦う場合には、相手を踏み潰して戦うのが基本となりますが、特攻していくと、運次第で倒すことはできますが、死亡する可能性も少なくはありません。

この場合には、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

カラカッサ

雑魚AI

射程ギリギリのところから攻撃すれば大丈夫です。

もし、攻撃したときに、カラカッサが攻撃を相殺してきた場合には、再度同じことを繰り返しましょう。

ボスAI

1番安全な方法は、カラカッサが上部から下部にジャンプで移動してきたところを待ち伏せて着地場所に手裏剣を放っておくことです。

ピン坊、カクタン以外は、ほとんどこの方法で問題なく倒すことができます。

もし、同じライン上で相手をすることになった場合には、必ず、1番上のライン上では戦わないようにしましょう。

カラカッサの場合には、事故る可能性が大です。

頻繁にジャンプしてきて、それもジャンプ中攻撃もしてくるという難敵です。

自分が思うに、カクタン、ピン坊を除けば、1番カラカッサが嫌な敵です。

同ライン上で戦う場合には、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

ヘドボン

雑魚AI

射程ギリギリのところから攻撃すれば大丈夫です。

もし、攻撃したときに、ヘドボンが攻撃を相殺してきた場合には、再度同じことを繰り返しましょう。

ボスAI

1番安全な方法は、ヘドボンが上部から下部にジャンプで移動してきたところを待ち伏せて着地場所に手裏剣を放っておくことです。

ピン坊、カクタン以外は、ほとんどこの方法で問題なく倒すことができます。

もし、同じライン上で相手をすることになった場合には、必ず、1番上のライン上では戦わないようにしましょう。

同ライン上で戦う場合には、相手を踏み潰して戦うのが基本となりますが、特攻していくと、運次第で倒すことはできますが、死亡する可能性も少なくはありません。

この場合には、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

ピン坊

雑魚AI

ピン坊は、普通に攻撃しただけでは、倒すことができません。

踏み潰して、よろめいたところを攻撃することにより倒すことができます。

その為、踏み潰す直前に攻撃してきたりと、事故る可能性はかなり高くなります。

倒す前にまず、見ることは、ピン坊が頻繁に攻撃していないか?ということです。

ごくたまに雑魚AIの中にも攻撃を頻繁にする敵がいます。

これを見極めたうえで、踏み潰して攻撃しましょう。

頻繁に攻撃してるピン坊に対しては、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

ボスAI

踏み潰して、よろめいたところを攻撃して倒すしか方法がない為、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

カクタン

雑魚AI

カクタンは、普通に攻撃しただけでは、倒すことができません。

踏み潰して、よろめいたところを攻撃することにより倒すことができます。

その為、踏み潰す直前に攻撃してきたりと、事故る可能性はかなり高くなります。

倒す前にまず、見ることは、カクタンが頻繁に攻撃していないか?ということです。

ごくたまに雑魚AIの中にも攻撃を頻繁にする敵がいます。

これを見極めたうえで、踏み潰して攻撃しましょう。

頻繁に攻撃してるカクタンに対しては、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。

ボスAI

踏み潰して、よろめいたところを攻撃して倒すしか方法がない為、壊せるブロックの下で戦うことになります。

当然、壊せるブロックは破壊しておいて、相手が近づいてきたら垂直にジャンプして相手を踏み潰します。

何故、こうするかというと、この場所でジャンプすることにより、ボスAIは同ライン上にいないと認識して、攻撃を控えるからです。

安全に倒したい場合にはこのようにしましょう。




スポンサー様 一覧
アクセストレード

阿修羅幻想館の全てのページはリンクフリーです。

どこのページでも直リンして頂いても構いませんが、無断転載は禁止とさせて頂きます。

リンク規約やバナーは、左サイドメニューの「リンク規約」または、こちらから、ご確認下さい。



阿修羅幻想館のメインバナー





ホームページ開設日:2009年07月01日 管理人:阿修羅


Copyright(C) 2009 AsuraFantasyPavilion All rights reserved.


基本方針   サイトマップ   お問い合わせ